名古屋市守山区 路上故障の実態調査結果 国土交通省によるデータ 名古屋自動車工業

画像
路上故障の実態調査結果 国土交通省によるデータ

  • HOME
  • 修理
  • 路上故障の実態調査結果 国土交通省によるデータ

title

路上での故障ランキング(H29年)

 一般道路における故障部位別発生率

1.タイヤ 発生割合:32.7%  ◆パンク、バースト ◆空気圧不足
 対策⇒定期的な点検、ガソリンスタンドで空気圧チェック
    早目のタイヤ交換実施

2.バッテリー 発生割合:31.6%
 ◆過放電 ◆破損、劣化 ◆端子部接続不良 ◆液不足
 対策⇒定期的なバッテリーの状態確認

3.オルタネータ 発生割合:5.2%
 ◆ブラシ不良 ◆レギュレータ不良 ◆ダイオード不良 ◆コイル断線

4.冷却水 発生割合:2.3%
 ◆不足、水漏れ ◆汚れ ◆凍結

5.クラッチ 発生割合:1.5%
 ◆すべり ◆オイル漏れ ◆ワイヤ(リンク)不良 ◆切れ不良

6.トランスミッション(A/T) 発生割合:1.4%
 ◆ギヤ操作不良 ◆オイル漏れ・不足 ◆異音

7.スタータ 発生割合:1.3%
 ◆リレー不良 ◆端子部接続不良 ◆かみ合い不良 
 ◆イグニションスイッチ不良

8.潤滑油 発生割合:1.2% 
 ◆オイル不良 ◆オイルパンからの漏れ

9.ファンベルト  発生割合:1.0%

10.ラジエターファン 発生割合:0.7%

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!