名古屋市守山区 点火プラグの点検について(スズキ車K6Aエンジンの事例) 名古屋自動車工業

画像
点火プラグの点検について(スズキ車K6Aエンジンの事例)

  • HOME
  • 車検
  • 点火プラグの点検について(スズキ車K6Aエンジンの事例)

title

点火プラグの点検不足による”エンジン不調”発症事例

 点火プラグの点検 していますか!?

スズキ車 K6Aエンジンのお車の事例です。
”K6Aエンジン”の点火プラグの点検不足から、
”エンジン不調”、”イグニションコイル故障”、”エンスト等”
が報告されています。

◆点火プラグの点検を怠ると・・・
 プラグのギャップが広がります。
  ↓↓
 ・点火プラグの火が飛ばずに失火してしまう場合や、
 ・イグニションコイルの故障につながる
  可能性があります。

 プラグの種類を確認の上、意識して点検を行いましょう。

◆点検、交換時期
 ①ニッケルプラグ  ・・・1年ごと
 ②片イリジウムプラグ・・・1年ごと
 ③長寿命イリジウムプラグ・・・2年または4万kmごとに交換
                あるいは、6万kmごとに交換
  ※車両や生産時期によります。

◆点検方法
  スパークプラグを取り外します。
 ・電極の汚れ、損傷・絶縁碍子の損傷・カーボンの付着
  を点検します。
 ・プラグのギャップを点検します。
  プラグのギャップ基準値は、0.7~0.8mm
  ※異常有りの場合
   ●ニッケルプラグの場合 ⇒ 清掃、調整または交換する。
   ●片イリジウムプラグ、長寿命イリジウムプラグ ⇒交換する。

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!