名古屋市守山区 恐怖! 車検の基準 【通すだけ】ではなく【しっかり整備】 名古屋自動車工業

画像
恐怖! 車検の基準 【通すだけ】ではなく【しっかり整備】

  • HOME
  • 車検
  • 恐怖! 車検の基準 【通すだけ】ではなく【しっかり整備】

title

車検に通っても、安心して乗れるわけではないです。

以下が代表的な【通すだけの車検】
 でほとんど手を付けない箇所です。
【整備する・しない】はお客様の自由ですが
車屋、修理屋としてはしっかり点検の上、必要な箇所は
整備することをお勧めしています。

長い目で見ると、安上がりとなります。

車検の基準① ブレーキパッドの厚み

 車検の基準① ブレーキパッドの厚み

陸運局では、残り1mmでも 制動力があれば、通ってしまいます。(怖い!)
 最低でも 残り3mmで、交換をお勧めします。
 そのままにしておくと、【ブレーキローター】という部品が損傷し、
 もっと費用がかかります。気づいた時点で早めに交換して下さい。

 車検の基準② リヤライニング(ドラムブレーキ)の厚み

ドラム・ブレーキは”ブレーキ・ライニング”をブレーキ・ドラムに押しつける摩擦力によって車を停止させています。
ブレーキ・ライニングは摩擦材を使用し、ブレーキ・ドラムは金属を使用しているので、ブレーキ・ライニングの方が早く消耗します。
新品で4~5mmのものですので、2mmで交換をオススメします。
ご同乗者の為にも、確実な整備走る凶器をコントロールしましょう。

車検の基準③ 点火プラグの減り具合

 車検の基準③ 点火プラグの減り具合

車検の基準はありません。劣化したまま交換しないと、エンジン不調の原因となります。
 遠出などの出先で、エンジンが調子悪くなると、せっかくのドライブも台無しですよね!
  また、長い目で見ると燃費にも悪影響です。気付いた時に交換しないと忘れます。
■プラグの種類
①通常のプラグ
②白金プラグ
③イリジウムプラグ(一番、オススメです!)
 「私も使っています♪ 加速、静粛性、パワー快適です!♪」

車検の基準④エアフィルターの汚れ

 車検の基準④エアフィルターの汚れ

【車検の基準】には関係ない箇所です。
が!
エンジンが空気を吸う所にある部品です。
交換しないと・・・燃費悪化! 
エンジンの調子も悪くなります。

走る場所によっても交換のタイミングは
変わります。

車検の基準⑤ ベルト類

 車検の基準⑤ ベルト類

走行距離3~5万km毎に交換がオススメです。
そのまま放置すると、切れてしまいます。
 ⇒切れたら、走行出来ません!
  (残念無念)
ご同乗者の為にも、
 あなたを待っている人の為にも
  早目に交換しましょう!

車検の基準⑥ ブレーキオイル

 車検の基準⑥ ブレーキオイル

車検時の交換がオススメです。 
 オイル交換と違い、車検の時にしか交換しないので・・・
  吸湿性があるので、交換しないでいると 湿気でブレーキ周りの消耗品を劣化させます。
【かかる費用】
●国産車の場合
 ブレーキオイル代 1,250円税別 
 工賃3,000円税別
 ※輸入車など車種によりブレーキオイルの適合グレードが変わります。

2年に1回は交換した方が車にとっても あなたの人生にとっても良いです。

 車検の基準⑦ 冷却水

車検の基準は、ありません。 メーカーの推奨サイクルがありますが、
冷却水の濃度があっても、錆止め効果はなくなるので、2年に1回は交換が必要です。 ”ラジエター修理”などの大きな出費も抑えられます。

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!