名古屋市守山区 BMWメンテナンス エンジンオイル漏れ 名古屋自動車

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • BMWメンテナンス エンジンオイル漏れ

BMWメンテナンス エンジンルーム内

 オイル漏れの修理、メンテナンス

BMWのエンジン回りで、良くあるのが”オイル漏れ”です。
●ヘッドカバーガスケット
●オイルフィルターハウジングガスケット
●オイルパンガスケット
●エキセントリックシャフトセンサーのガスケット
●バキュームポンプ
●バノスソレノイドのOリング

オイル漏れが垂れてくるほど ひどくなると、他のパーツを壊してしまいます。
・オルタネータ
・ゴム系部品の劣化(ゴムホースやエンジンマウントなど)

オイル漏れを早めに修理しておくことで、余分な出費やトラブルを防げます。

オイル交換時にリフトアップしますので、漏れないか 同時に点検することが出来ます。

 ターボエンジンのメンテナンス

●吸気系のホースが劣化し、亀裂が入る
●ターボチャージャーのバキュームパイプの切れ
●バキュームタンクに漏れが発生し、エンジン警告灯が点灯することあり。

 点火系のメンテナンス(スパークプラグ、イグニションコイル)

イグニッションコイルは、実際に不具合があっても、少しパワーダウンしたり振動を感じる程度で、気づかずに走ってしまう方も見えますが、しばらく走ると さらに劣化が進み、エンジン不調となります。


コイルは、気筒数分の本数が付いています。
4気筒なら、4本。6気筒なら、6本
1度に全てのコイルが駄目になるわけではないですが、コンピュータ診断により
どのコイルが故障しているのか特定できます。

ただ、1本駄目になったという事は、他のコイルもそろそろ寿命と判断し、全てのコイルを
新品に交換をオススメしています。

スパークプラグ:定期的に交換すべき消耗品です。

 エンジン バルブトロニックのメンテナンス

バルブトロニックの故障で多いのが、エキセントリックシャフトセンサーの不良。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話、ネット、LINEなどお気軽にお問合せくださいませ。

お電話でのお問合せは
052-739-0077
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。

※遅くても翌日までにはご回答出来るようにしていますが、混雑時はすぐに回答が出来ない場合が
 ございます。ご了承くださいませ。

>> お見積もりフォームはこちら

>> お問合せフォームはこちら

LINE ←QRコードを読み込んでご利用ください。
★お送りいただきたい情報
 ①車名

 ②初度登録年月(車検証の真ん中の上の方に記載)
 ③車台番号(車検証の左上辺りに記載)
 ④型式指定番号 及び 類別区分番号(車検証の右側中央辺りに記載)
 ⑤お電話させて頂く場合の連絡可能時間
  (電話でお聞きした方がスムーズな場合に活用します。)

※メカの不具合修理の場合は、出来るだけ詳しく状況を頂けますと幸いです。 
※キズへこみ画像をお送り頂く際は、出来るだけ色々な角度からの画像を複数枚頂けますと、
 正確なお見積りが可能です。(※最終的には、お車を見せて頂いて確定となります。)

★お名前

 お電話番号(電話OKの場合)

修理の他のページ